So-net無料ブログ作成
検索選択

受粉日和!      [オリーブの花芽・花・結実]

朝から雲ひとつない真っ青な空!
穏やかで適度な風、まさに受粉日和です。
マンザニロ、ブラックイタリアン、バロウニと咲き進んで、
続いて、ミッション、ジャンボカラマタ、チプレッシーノ、ネバディロブランコ、タジャスカ、バルネアが咲き始めました。
これはミッション、
2016-05-12 001-1.jpg

こちらはジャンボカラマタ、
2016-05-12 002-1.jpg

可憐な感じのもの、ゴツい感じのもの、花の様子も品種によって結構違うのですよ。

開花、そして雨・・・      [オリーブの花芽・花・結実]

開花の早いマンザニロをはじめいくつかの品種で咲き進んでいます。
5/4あたりからでしたが、バッドタイミングで雨が続いて・・・
濡れると受粉しにくくなりますし、花が落ちます。
2016-05-11 002-1.jpg

そして、今日はこれから10mの強風らしい・・・
2016-05-11 005-1.jpg

目覚めの落葉      [オリーブの葉や日常のいろいろ]

暖かくなりましたネ~
オリーブたちの花芽と新芽が賑やかになってきました。
そこで・・・葉がハラハラと落ちて枝が裸に。

バロウニ、
2016-04-09 001-1 バロウニ.jpg

カラマタ4、
2016-04-09 002-1 カラマタ4.jpg

別に調子が悪いわけではありません。
2014年11月に久しぶりの植え替えを行って、根を切って整えたこの2本。
2015年は動きの少ない小康状態を保っていましたが、この春で本格復活です。
春の目覚めにあわせて、
落とさずにいた古い葉をどんどん捨てて、生まれ変わってゆきます(大袈裟~)

葉の無い枝に元気な花芽。
バロウニ、
2016-04-09 007-1 バロウニ.jpg
2016-04-09 011-1 バロウニ.jpg

ちょっと遅れて、新しい葉芽も草のように成長しています。
カラマタ4、
2016-04-09 012-1 カラマタ4.jpg

バロウニ、
2016-04-09 013-1 バロウニ.jpg

土の温度が上がって、目を覚ましたコガネムシの幼虫が根を爆食して葉が落ちる・・・
なんて怖いこともありますが、うちはネットで完全ガードです。

オリーブ大樹の管理      [凄いオリーブたち]

以前に紹介しましたご近所のオリーブ大樹です。
変わらず元気で、凄い繁り具合。
よお~く見ると、左右で枝葉の感じが違うのが判りますか?
じつは2品種を寄せて植えたものなのです。
2016-04-06 003-1.jpg

左がミッション、右がネバディロブランコ です。
オーナー談品種不明ですから、私の見立てですけどね・・・
左のミッション側です。
2016-04-06 009-1.jpg

バランス良く拡がった良い樹形に見えるのですが・・・ 横から見るとこんなです。
幅の狭い地面から家に被さるように、よくこんなに育ったものです。
2016-04-06 013-1.jpg

結実した際には収穫させてもらってきたのですが、2m脚立のてっぺん近くに立って、背伸びしながら高枝切りバサミを扱うのは正直辛くなってきました。
そこでオーナーと相談のうえ、樹高を半分ほどに低く切って収穫に適した樹形に仕立てることにします。
4/16あたりにやろうかと思ってます。
枝分かれした太い主幹を切断せねばならないので、できればチェンソーが欲しいな~
どなたか手伝ってくれませんか~
太木挿しに適した良い枝採れますよ~

2016-04-06 023-1.jpg
上のほうは収穫時にできるだけ枝落とししているのですが、なんと樹勢の強いこと。
翌年には元通りです。
この凄まじい繁りっぷりも見事ではありますが、良い収穫のためには枝数も半分以下に間引かねばなりません。
2016-04-06 027-1.jpg

春ですね~      [オリーブの花芽・花・結実]

ちょっと寒いけど、春ですね~
いつのまにかオリーブが目を覚ましています。
新芽とともに花芽がビッシリ。
これはマンザニロというスペインを主産地とする品種です。

2016-03-25 003-1.jpg
2016-03-25 004-1.jpg

ジャンボカラマタ大株、販売中      [ジャンボカラマタ]

17日につくば市へ仕事で出向いていたのですが、
ちょっと材料調達に寄ったホームセンターでジャンボカラマタの大きな株を発見。
ホームセンターへ行くとガーデンコーナーで、「どんなオリーブあるかな~」と探すのがお約束なのですが、たまにこんなサプライズがあると嬉しいものです。
40センチ径クラスの大きな果樹用ポットにしっかり植わってますが、雑草の生え具合を見るにココに長居してる感じです。
ですが、枝葉の状態は良く、花芽も出ていますから今秋には収穫ができるでしょう。
下から複数分岐した枝ぶりはいい感じで、その剪定手法の巧みさはおそらく「小倉さん」の手。
プライスはさすがの、¥98,000.
いいジャンボカラマタでしたよ。 どなたかいかが?
お店は「山新グランステージつくば」です。

もし売れてたら、ゴメンナサイ。

接木 E      [接木]

昨年の11/8に接いだオリーブ接木苗です。
故あって、切ってから常温で6日ほど経過した枝(穂)を使いました。
もちろん乾かぬように濡らしてポリ袋で密封していましたが、厳しいとは承知のうえでのトライです。
10本接いで・・・

2016-02-27 003-1.jpg
6本は失敗です。
穂の鮮度が落ちてますから、細めの枝ではダメですね。

太め(6~7mm)の枝では4本に芽が出ました。 接いで約25日後。
1芽が旺盛に伸びたもの。
2016-02-27 014-1.jpg

複数の芽がバランスよく伸びたもの。
2016-02-28 004-1.jpg

いけそう~、 と思いきや萎れてゆくものもあり、
2016-02-27 022-1.jpg

芽のまま動かないものも・・・ おそらくダメでしょう。
2016-02-27 025-1.jpg

2本だけでも成功してほしいものです。

イチジク大苗 譲ります      [イチジク]

イチジクを少し減らそうかと考えてます。
オリーブもイチジクも品種による違いは楽しいのですが、密集配置になるほどに美味しさは・・・
それじゃ意味無いですよね。
これは、セレストとドウロウです。
25リットルのNPポットに植えて数年経っています。
この品種が欲しい方がおられましたら、お譲りします。
ただ、大きくて発送できません。
葛飾区まで引き取りに来られる方で、しっかり育てて頂ける方に。

2016-01-16 002-1.jpg

2016-01-16 003-1.jpg

シチリアより      [イタリア]

シチリアのメンフィで、ノチェラーラデルベリーチェに埋もれています。
オリーブドルチェとして美味しい品種で、今が収穫最盛期。
なんて幸せな毎日です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。