So-net無料ブログ作成
検索選択
フラントイオ ブログトップ

フラントイオ 収穫②      [フラントイオ]

フラントイオはレッチーノやモライオロなどと並んでイタリアでのブレンドオイル用主要品種です。
タジャスカなどの単一品種オイルが稀なものであり、ほとんどのオリーブオイルは個々の品種の長所を狙ってブレンドされたものですね。
さて、フラントイオの残りを収穫しましょうか。
完熟2歩手前あたりが私の搾油の良い頃合です。

002-1.jpg
熟し過ぎたものは除いて、 258g。 この量でオイルになるのか・・・ 

033-1.jpg
いつものように、大きいものは種子を抜いて、サックリと混ぜるように手もみし、ゆっくりと圧搾します。
オイルの分離は比較的容易でした。
出来上がりは、約25ml。 果実重量の10%弱のオイルを得られたのですから、さすが含油率の高い品種です。

035-1.jpg
濁りのあるオイル。 この濁りとフレッシュな香りを味わえるのが自家搾りならではの楽しみです。 
舌にのせるとすぐに辛味が広がって、結構刺激的。
労力に対して得られるものは僅かですが、自己満足を十二分に満喫できますよ。

フラントイオ 収穫①      [フラントイオ]

オイル用であるフラントイオ。
少し漬けてみようと200gほど収穫しました。

20111022 052-1.jpg
これも元は鶴亀園の10号鉢だったもの。
園芸店で寂しい姿となっていたのですが、だいぶ回復してきたようです。

20111022 058-1.jpg
当ベランダでの色付きは早く、レッチーノに次いで、ネバディロと同じくらいかな。

20111022 065-1.jpg
とりあえず、73個で 212g (平均= 2.9g)   
最大の果実で、4.3g 縦径26mm 横径17mm。

残りは完熟前に搾油します。
フラントイオ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。