So-net無料ブログ作成

なつたよりの幼果 2015       [ビワ]

“なつたより” の幼果が育っています。
昨年は、暖かくなるとともに活発化したコガネムシ幼虫により全滅でした。
一株は死にかけて未だに養生中なのですが、もう一株は復活できたようです。
2015-03-28 027-1.jpg

摘蕾も摘花もせずに、ここまで放置です・・・
このあと、やっと摘果しました。
2015-03-28 030-1.jpg

なつたより 袋かけ      [ビワ]

なつたよりの袋かけを済ませました。
BIKOOというポリプロピレンフィルム(OPP)製のものです。
透明ですから、ビワ素人の私には状態が見えて優れもの。
2014-04-27 002-1.jpg

全面に加工された微細孔によって、適度な通気性があるとのこと。
桃や梨用のサイズなので、とりあえず果房単位で被せてみました。
2014-04-27 001-1.jpg

なつたより 結実      [ビワ]

予定とおり、1枝に3果ずつ残しています。
前回の記事画像の枝がコレです。
それぞれの花柄に数個の蕾を残していましたが、結実したら良さげな1果に絞ります。
2014-04-22 001-1.jpg

袋かけのし易さを考えると、なるべく柄の先に残したほうが楽です。
2014-04-22 003-1.jpg

現在の果長は20mmほど。
これから急速に肥大してゆきます。
2014-04-22 004-1.jpg

なつたより 摘蕾      [ビワ]

新年おめでとうございます。
2014年最初の記事は、オリーブでもイチジクでもワンニャンでもなく・・・ ビワです。

昨年は初めての結実でしたので、成り行きにまかせて着果管理を積極的に行いませんでした。
それでも予想以上の成果を楽しめて、なつたよりの素晴らしさを実感できました。
今年は、この品種の特長のひとつである大きな果実を狙ってみたい・・・

まずは蕾を摘んで開花数を減らします。

これが新しい枝の先端にできた花房です。
もう咲き始めている房もありますが、大半はまだ未熟な蕾です。
2013-12-29 006-1.jpg

花房の上半分を切り落とし、下から2~3の花柄も切ります。
花柄の数は当然バラつきがありますので、これでは悩むときもあります。
よって、下から2つの花柄を切り、3-4-5の3本の花柄を放射状に残し、その先は房軸で切り落とす・・・ことにしました。
2013-12-29 007-1.jpg

さらに、残した花柄の蕾の数を半分くらいにします。
2013-12-29 009-1.jpg

ひとつの花房から切り落とした蕾です。
こんなに減らすのか、という感じですね。 
2013-12-29 008-1.jpg

余計な栄養を使わせないためには、蕾が未熟なうちに摘むほうがいいでしょうね。
2013-12-29 010-1.jpg

ですが、残した花柄において蕾を摘むのは、膨らんでからでないとやり難いものです。
2013-12-29 011-1.jpg

受精して、幼果として順調に育ち始めたら、各柄で一番大きい一果に絞ります。
一枝で三果を残すということになります。 さて、どうなりますか。

なつたより ラスト      [ビワ]

なつたより、楽しめました[わーい(嬉しい顔)]
二株で80個ほど収穫できましたので、はじめてにしては満足です。
10号ポットですから、どうみても生らせ過ぎでしょう。
ですがサイズ不足でも太りは良くて、十分に甘くて美味しい成果でした。
20130622 029-1.jpg

さて来年は・・・ この40gを60gにしてみたい。
20130622 017-1.jpg
①蕾のときから1/3を残すくらいに摘んで。
②受精結実したら、さらに2~3果/房を残すよう摘果して。
果房の数は樹の育ち具合にもよりますが、一株20果くらいの目算でトライしてみます。
なんて、生り疲れで蕾が出なかったりして・・・

なつたより 収穫2回目      [ビワ]

土が限られた鉢植え果樹などは、沢山実ると最初の数個は美味しくても、だんだん小さく味も薄くなってゆく・・・
ところが、「なつたより」はいい仕事してます。
なつたより 2回目 004-1.jpg
甘くて美味い!!  後を引くさわやかな味わいです。
ですが、適熟が判らないので一袋一袋外して戻して外して採って・・・ で結構疲れました。
なにをしているのやら。
いや!  果皮が少し割れかけた完熟はたまりません[黒ハート]

なつたより 収穫      [ビワ]

オリーブとイチジクでジャングル状態の当ベランダガーデン。
にもかかわらず、完熟ビワが食べてみたい・・・で入手して3年目になる「なつたより」がついに!

昨年11月末に初めて開花し、最初は花房ひとつだけかと思いきや、半月ほどずれて蕾が出るわ出るわ。
どんどん咲いて、ほとんど結実してくれました。
4/4の様子です。
003-1.jpg

最初の花房が結実したもの。 おそらくこれが一番大きくなるでしょうね。
006-1.jpg

他はまだ結実したばかりの小さな幼果です。
開花する前の段階で摘蕾するようなのですが、なにしろ初めてですから。
どれくらい受粉して、どれくらい結実して、どれくらい摘果したら良い果実が得られるのか、想像がつきません。
004-1.jpg

花房あたりの葉の数や、このように新しい葉芽も同時に育っていること、などを鑑みて蕾、幼果、房を間引くのだそうです。
009-1.jpg

じつは2本とも初年に灌水し過ぎか株元を腐らせてしまい、あせりました[がく~(落胆した顔)]
腐った部分を削って塗って、なんとか枯らさずに済みましたが、相変わらずえぐれたままです。
ゾウムシに喰われたルッカのように回復しないのはなぜ?
012-1.jpg

4/13、とりあえず貧弱なもの、密集したところ、を摘果してみました。
016-1.jpg

5/19、最初の果房がレモンイエローに色付いてきました。 これは嬉しい[わーい(嬉しい顔)]
005-1 なつたより.jpg

でも、他はまだこんなです。
というか、残しすぎ[ふらふら]
「なつたより」は大果品種ですので、果房あたり1~3果残しが適切とのこと。
でも経験ですから、今年は欲かいて粗末な成果を味わうことにしましょう。
006-1 なつたより.jpg

最初の果房には5粒残して、ビワ色に変わってゆくのを楽しんで見ていたのですが・・・
お約束でした。 美味そうに熟してきた初物二つ、忽然と姿を消しました。
カラスかな。
で、あわてて袋掛けです。
なつたより 003-1.jpg

お~  果樹ですね~[わーい(嬉しい顔)]
でも、熟し具合が分からないのと、強風でもげそう・・・
なつたより 005-1.jpg

ついに感動の収穫です。
ちゃんとビワしてます! 品の良いスッキリとした強い甘味、酸味は弱く、とてもジューシーで良い香りです。
甘くなかったら・・・という不安を抱きながらの試食でしたが、これは嬉しい。
果重は36~40gでした。
商業栽培では65~75gですから貧相な成果ですが、今年はこれで満足です。
なつたより 006-1.jpg

なつたより 開花      [ビワ]

ビワのなつたより、冬の開花が始まりました。
考えてみると、ビワの花をマジマジと見たのは初めてです。
こんな花なのですね。
花の少ない季節ですから、結構いいかも。
2012-11-25 なつたより開花 008-1.jpg

よく嗅ぎつけるものです。
まだ数花しか咲いていないのに、ハナバチが数匹、ブンブンと。
この時期に貴重な花粉なのでしょう。 一生懸命で、腹に触れてもすぐには飛び立ちません。
2012-11-25 なつたより開花 004-1.jpg

なつたより      [ビワ]

一年生のビワ接木苗を入手して3年目。
おおっ! これはもしや花芽、やっと出てくれたか。
2012-10-27 012-1.jpg

品種は、なつたより。
相当に優秀な品種のようで、期待が膨らんでしまいます。 ビワも大好物なもので[わーい(嬉しい顔)]
グングン成長してます。
真冬の開花が楽しみ。
2012-10-27 011-1.jpg

ビワの葉を落とす      [ビワ]

鉢土を掘って根を確認してみましたが、状態は良さそうです。
で、冷害と考えることにしました。
今冬は東京でも鉢土表層が凍るような寒い朝が何回かありました。
柔らかい新葉だけに症状が表れていること、
枯れが目立って進まないのも、冷えやすい葉の縁のみが強く痛んだ、ということかもしれませんね。
とはいえ健全な葉ではないので、全て落とすことにしました。
それが刺激になって新しい葉が出てくれればいいのですが・・・・・

7枚の新葉を落とした頂部。 先端の芽が活性化してほしい。
20110426 001-1.jpg

入手時にあった下部の葉は、颯に食べられて・・・・・寂しい姿。
ビワの葉には薬効があるともいわれていますね。
硬くてどう見ても不味そうだけど、颯にはわかるのかな。
20110426 002-1.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。