So-net無料ブログ作成
イチジク ブログトップ
前の10件 | -

イチジク大苗 譲ります      [イチジク]

イチジクを少し減らそうかと考えてます。
オリーブもイチジクも品種による違いは楽しいのですが、密集配置になるほどに美味しさは・・・
それじゃ意味無いですよね。
これは、セレストとドウロウです。
25リットルのNPポットに植えて数年経っています。
この品種が欲しい方がおられましたら、お譲りします。
ただ、大きくて発送できません。
葛飾区まで引き取りに来られる方で、しっかり育てて頂ける方に。

2016-01-16 002-1.jpg

2016-01-16 003-1.jpg

美味しいイチジク秋果たち      [イチジク]

好きな品種の秋果が次々と熟しはじめています。

ダルマティ、  大果で瑞々しく、甘さも十分!
2015-08-23 002-1.jpg

ブリジャソットグリース、  甘味と酸味ともに強くてフルーツらしい美味しさ。
2015-08-23 005-1.jpg

シャーアンバー、  高温で秋幼果がかなり落ちましたが、生き残りは果皮から蜜がにじんでます。
2015-08-23 019-1.jpg

そして、ロードス。  旨いですよ~
2015-08-23 007-1.jpg
2015-08-23 008-1.jpg

毎日イチジク      [イチジク]

水あめのように極甘なもの、甘味+酸味で奥深いもの、マスカットの香り、メロンのような食味・・・
品種によって異なる美味しさを、毎日楽しんでます。
LSUエバービーリングとフィレンツェは本来の小果になりましたが、甘過ぎてキツク感じるほど。
他は、ロードス、ヌアールドカロン、ロンドボルドー、コナドリア、バナーネ、です。

2015-08-14 024-1.jpg

イチジク 秋果      [イチジク]

当年枝に付く秋果。 夏果よりも糖度は高く、美味しさ本番はこれからです。
品種によっては、もう熟し始めています。

フィレンツェ、
2015-07-26 001-1.jpg

LSUエバービーリング、
2015-07-26 002-1.jpg

魅惑の競演、
LSU、フィレンツェ、メアリーレーン、アーチペル、バナーネ、カリフォルニアブラック、ロンドボルドー、
2015-08-02 005-1.jpg

イチジク 夏果      [イチジク]

芽吹き前の剪定を控えめにしたせいか、昨年根切り植え替えをしたせいか、思いのほか夏果を楽しめました。

スタートは6/23、 100g超えのLSUエバービーリング。
こうも肥大するのは最初の一果ならではですが、小果なところが物足りないLSUでは嬉しいこと。
秋果ほどの甘さではありませんが、メロンっぽい食感と香りを感じます。
2015-06-23 002-1.jpg
2015-06-23 009-1.jpg
2015-06-23 022-1.jpg

6/28、 バナーネが次々と。
特大サイズで有名ですが、NP25のうちでは120g-150mm程度が精一杯のようです。
2015-06-28 011-1.jpg
2015-06-28 021-1.jpg

7月に入って、 ヌアールドカロンとカリフォルニアブラックと続き、
2015-07-11 001-1.jpg
2015-07-03 001-1.jpg

7月中旬には、 シャーアンバーがいっぱい!
これは未だにスリット300のままなのですが、この成長と成果はなかなかに優れもの。
ブルブルッとした淡い果肉はサラッとしていながらとても甘く、イチジクっぽくない新鮮な美味しさです。
2015-07-15 002-1.jpg
2015-07-15 004-1.jpg
その味にムクドリの固執も凄く、ネットで包んでも隙間から入り込むほど。
仕方なく一果ずつ袋掛けしました・・・ ヤレヤレ。
2015-07-15 007-1.jpg

ロードスの幼果      [イチジク]

先年枝での結実ですので、ロードスの夏果となります。
いい付きっぷりです。
昨年は植え替えで僅かな成果でしたから、パワーが貯まっているのでしょう。
2015-04-11 006-1.jpg
2015-04-11 007-1.jpg

イチジクの目覚め      [イチジク]

このところの暖かさでイチジクも芽吹いています。
例年正月あたりで大きく切り戻して、秋果狙いの当年枝を伸ばしていました。
昨年はシーズン中に鉢サイズを上げて植え替えたので、結実は少なかった分だけ根と枝に栄養が蓄えられているかと。
剪定を少なめにしてみました。

コナドリア、 節に葉芽と花芽がセットで出てます。
2015-03-24 012-1 コナドリア.jpg

レディグレイ、 丸い花芽がいくつも。
昨年枝ですから夏果となるわけですが・・・ アレッ、秋果品種だったような。
2015-03-24 014-1 レディG.jpg

ロードスは夏果も美味しい。  丸いのが花芽です。
2015-03-24 015-1 ロードス.jpg
2015-03-24 016-1 ロードス.jpg

味の競演      [イチジク]

ヌアールドカロン、ブリジャソットグリース、ダルマティ、ビオレソリエス、ゼブラスウィート、レディグレイ・・・
どれもベストに近い糖度がでていたと思いますが、特に甘さを強く感じたのはレディGかな。
特に美味しかったのは、ダルマティとゼブラスウィートかな・・・ 今日においては。
刺客のシャーアンバーは、鳥の朝食になってリタイア。

2014-11-04 003-1.jpg

秋のイチジク      [イチジク]

我が家のベランダはイチジクには暑すぎるようでして、夏にはどうも果実の質が安定しません。
さらに7月に植え替えして根を切っていますから尚更。
小さなままカチカチの実が多くあるのですが、涼しくなってきて急に復活しています。

ダルマティ、 大きくて旨い。
2014-10-31 002-1.jpg

ヌアールドカロン、 9月頃よりもずっと大きく、肥大も良好。
2014-10-31 006-1.jpg

ブリジャソットグリース、 ダメかな~と思っていましたから、嬉しいものです。
2014-10-31 008-1.jpg

ビオレソリエス、 標準は60gほどなのですが、右は91gもあります。
果皮の張りも良く、いい出来です。
2014-10-27 002-2_edited-1.jpg

極甘な品種ではありませんが、十分に甘く、バランスの良い酸味も相まって美味しい!
2014-10-27 005-1.jpg

daizoバナーネ      [イチジク]

daizoさんからバナーネを頂きました。
長くて大きな夏果のイメージが強い品種ですが、普通サイズの秋果のほうが糖度が高く美味しくなります。
それにしても、なんて完熟でしょう。
これだけ熟していながら果皮は均質で綺麗で、傷みは見られません。
そして、この瑞々しさ! 運送中に果汁が浸み出してしまって、まるでコンポートのようです。
今春に地に下ろした2年生でこの成果、よほど管理が適切なのでしょう。
2014-10-09 003-1.jpg

これは・・・ もうトロットロのブルブルです。
素晴らしく甘~い蜜が流れ出して、果肉はまさにジュレ。 吸うように喉を通ります。
完熟中の完熟、崩れる寸前の至高の美味しさでした。
峠を越えた酸は感じられず、この状態の果を揃えておられるのが・・・感謝です!
2014-10-09 007-1.jpg
前の10件 | - イチジク ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。