So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

加藤オリーブを仕込んでるお店      [新漬け]

加藤農園さんは練馬区地産地消を目指して、個人のお得意さんや地元のマルシェ、ご贔屓のお店に販売しています。
そんなお店のひとつ、「ピッツェリア・ジターリア・ダ・フィリッポ」さんに寄り道です。
オリーブの樹の余韻に浸りながら、お腹を満たしましょう。

おっと、ピッツァ窯を望むカウンターに据えられたオリーブが美しい・・・
2016-10-01 029-1.jpg
数日前にお店のスタッフが収穫されたそうです。
カセイソーダを使う新漬けも仕込まれているようですが、コレはグリーンな硬い実に切り込みを入れて、真水に漬けて渋を抜いているものです。
10日ほど毎日水を換えて、それから塩水に漬けて熟成させます。
カセイソーダを使わないナチュラーレ製法と呼ばれています。

2016-10-01 035-1.jpg
カウンター席に座って、薪の火をボ~ッと見つめて・・・
私のマルゲリータが焼けてます。

2016-10-01 038-1.jpg
マルゲリータS・T・G、 ナポリピッツァ。
シンプルだからこそ、拘った素材とピッツァ職人の技が生きてます。
旨い!!

2016-10-01 042-1.jpg
熊本あか牛の薄切りソテー。
赤身肉の強い旨みが、美味です!
お皿がシチリアな感じでいい。

2016-10-01 026-1.jpg
西武鉄道池袋線の石神井公園駅からすぐです。
地元のイタリアンって感じでリラックスできて、居心地の良いお店でした。
https://www.facebook.com/PizzeriaGtaliaDaFilippo/

ザ・東京オリーブ      [凄いオリーブたち]

加藤農園さんへお邪魔してきました。
東京練馬区で、若者パワーとアイディアでこだわった農産物生産をされています。
その畑の一画に、オリーブが育っています。
2016-10-01 017-1.jpg

東京都、それも23区内で農産物としてのオリーブ栽培を私は知りません。
まさに、「ザ・東京オリーブ」です。
ピクアルをメインとした30本のオリーブの小さな森。
2016-10-01 016-1.jpg

私は昨秋に初めて伺ったのですが、それは素晴らしい収穫でした。
樹いっぱいに鈴生りで、良く肥大してサイズが大きく、、艶やかで病気・虫害も僅かでしたから。
今年は強めに剪定されたそうで、昨年よりは少なめかもしれませんが、それでもたわわに実っています。
2016-10-01 006-1.jpg
2016-10-01 009-1.jpg
9月の日照が少ないので、果実の成長は遅れ気味だと思います。
グリーンオリーブとしての収穫頃合まであと2週間くらいかな。
まだ緑が強くて表面がゴツゴツしてるでしょう。
これが、ツルッとして、プクッと膨らんで、黄緑色っぽくなってきたらテーブルオリーブとしての収穫頃合です。
収穫させてもらうのが楽しみです。

これは、昨年11月での収穫の様子です。
2015-11-21 044-1.jpg
2015-11-21 050-1.jpg
農産物として生産といっても、ビジネスとしてまだ成り立っているわけではありません。
この樹数では搾油には足りませんから、果実加工用として小売をされています。
課題も多いでしょうが、若き農園主、加藤博久さんのチャレンジを応援したいものです。

さておいて、このピクアルたち、凄い生育してます。
この樹、何年生だと思います?
2016-10-01 003-1.jpg

2年生の小苗を植えて4年だそうです・・・
大きいものは樹高3mほど、枝張りも2mはあり、この繁り様。
この主幹! 素晴らしい!
2016-10-01 005-1.jpg
樹皮がキレイでいかにも若木ですが、なんとも立派に太いこと!
練馬の土が優秀なのか、ピクアルに相性バッチリだったのか、そして加藤さんの努力の成果なのでしょう。
主たる作物は他にあるのですから、剪定が追いつかないですね。
こんなに成長が早くて旺盛だとは思わなかった、そうです。

2016-10-01 014-1.jpg
いちご、野菜、オリーブの受粉のために蜜蜂の箱をいくつか置いています。 いいですね~
でも、「刺される!」とクレームをつけてくる近所の人もいるそうです。
しばらく巣箱の横に立ってましたが、もちろん刺されません。
おとなしい蜂たちなんですけどね・・・

2016-10-01 023-1.jpg
いちごに情熱をかけておられていて、ハウスが立派なこと!
先週植え付けされた苗が整然と綺麗に並んでいました。
章姫は11月下旬、紅ほっぺは12月以降だそうです。
美味しいですよ~

オリーブの色付き

2016-09-09 004-1.jpg

うちのオリーブ、もう色付いてるものがあります。
フライングする実はあるものですが、この株はいつも早いのです。

OLIVE JAPAN 2016      [オリーブオイル]

olivejapan_R_h_256.png

日本最大のオリーブとオリーブオイルの祭典、オリーブジャパン2016が開催されます!
二子玉川ライズで今週の7(金)から8(土)です。
国際的なオリーブオイルの品評会、いろいろなイベント、学術的なセミナー、そして優れたオイルやオリーブにたずさわる人たちに会えるマルシェ。
楽しみでなりません!             http://olivejapan.com/

OLIVE-JAPAN-2016-Marche-Map-1024x743.jpg

ネバからコガネムシ      [虫]

今朝は涼しくて気持ちよいですね。
対して気持ちの良くない画像ですが・・・

2016-07-05 002-1.jpg

ネットに入れるのが遅れてしまったテラコッタ鉢のネバディロからウジャウジャと。
昨夜見たときは15匹ほどネット上部に集合していました。
オリーブやオレンジの根はそんなに美味いの?
表に並べてある鉢のネットを見て、よく聞かれます。 「これはネズミよけですか?」
コガネムシ被害を実感していない、ってことでしょう。

オリーブ大樹の管理 2      [オリーブの剪定]

ひと月も経ってからのアップになってしまいました・・・
4月16日に行なったオリーブ大樹の剪定です。
状態確認の記事から10日ほどですが、よりボリュームアップしたように見えます。
2016-04-16 005-1.jpg

生命力に溢れた美しいオモテからウラへ入ると・・・
樹冠部で密に拡がった枝葉でドームのように覆われて、薄暗い空間が作られています。
太陽光が入らず、風通しも悪いので、主たる太い枝から新しい枝が出ることは無く、
下に位置する枝は衰えて枯れてゆきます。
2016-04-16 007-1.jpg

枝は切っている・・・と仰るのですが、ご年配のご主人が「高枝鋏で切れる枝を切ってる」のですから、間引く枝を根元から切れるはずも無く、中間より先のあたりで切ることになります。
それが長年続いて、各幹のトップがキノコの傘のような形になってしまったと思われます。
2016-04-16 010-1.jpg

よりよい収穫のため、下の位置から新しい枝を出してやりたい、
覆いを取り除き、新しい結実枝の伸びた高さをイメージして切る位置を決める、
さぁ、木登りして太い幹を切ります!
久しぶりの木登りは楽しい~
2016-04-16 012-1.jpg

まずオモテから見て左、ミッションの端から始めました。
太い枝が根のように絡み合って、切っている先のボリュームをが解らず、まぁ、とりあえず切ってみよ~
切っている途中で、バリバリバリ~、ドス~ン! と割れ裂けて落下・・・
ノコギリを入れる方向など、考えが足りませんでした。
これでも容易に動かせないほどの重量があります。
2016-04-16 018-1.jpg

オオッ! 西の空が急に開けたようです。
つぎはその向こうの太いとこ。
2016-04-16 020-1.jpg

このミッションは下方でV字に分岐し、さらに分岐しているので主幹が複数あるようないい樹形です。
これは3本目の幹です。
下に見える歩道の人や自転車に注意しながら。
2016-04-16 023-1.jpg

つぎは、分岐部にアリの巣が出来ていて、腐りが入っています。
雨風しのげて、いい環境だったのでしょう。
その下で切ります。
2016-04-16 031-1.jpg

それにしても凄い状態です。
ガジュマルかマングローブか・・・
枯れた枝も混在して、その重みでいずれ暴風などで割れ折れていたかも。
2016-04-16 032-1.jpg

ここが一番太かったかと思います。
径は15cmほど。
腐った部分を削り出して、保護剤を塗りこんでおきます。
オリーブらしい素敵な感じの木目が出てますね。
2016-04-16 041-1.jpg

ちょっと休憩して、全景を・・・ あらら、な姿ですね。
でも、来年そしてその先のことを考えて、予定通りの作業です。
近所の方々に、何度も「オリーブ切っちゃうんですか」と聞かれました。
ほとんど伐採に見えますね。
2016-04-16 045-1.jpg

これが一番の大物。
倒れるぞ~ って感じで切り落としました。
分解しないと動かせません。
500円硬貨くらいの太さの青く良い枝が採れましたので、「太木挿し」希望の方にプレゼントしました。(追伸:終わっております)
2016-04-16 052-1.jpg

余分な小枝を整理して、ミッションは完了に近づきつつあります。
最左に繁っているひとつの分岐幹は、最初に切った左上の大きな部分の下に位置しており、その大半は昨年に伸びた新しく良い枝です。
ほぼ全域に花芽が充実していますので、今秋の収穫分として残します。
2016-04-16 054-1.jpg

この上に大きな繁りが載っかっていましたから、このように斜めに真っ直ぐ伸びざるをえなかったのでしょう。
まるで10年超物の直立ミッションを斜め45度に傾けたかのよう。
枝ぶりが充実しているのはよいのですが、単独での暴風には折れてしまうかもしれません。
支えを考えねば。
切ったそれぞれの幹で新しい枝が充実したら、来年以降にココも切ります。
2016-04-16 071-1.jpg

さて、対である右側のネバディロ・ブランコですが・・・ 
これは! ミッションを切って初めてわかる驚きの変な樹形でした。
龍が昇るような1本うねりの樹形ですから、近日の受粉を考えればミッションのようにバッサリとはいきません。
受粉が済んだのちに仕切り直しです。
2016-04-16 067-1.jpg

ここまで分解整理するのも手間でした。
結局、刃渡り20cmの園芸用ノコギリ1本で済ませてしまいましたので、さすがに腕がキツイ・・・
でも、うねったこの感じ、イイですね~
カッティングボードとか、手作りしてみようかと。
2016-04-16 080-1.jpg

残された部分として、栄養が集中しているのでしょう。
数日前に見たところ、花柄がしっかりと太く、とても充実した受精が進んでいます。
コレはいい果実が期待できそう!
2016-04-16 082-1.jpg

花散らしの雨      [オリーブの花芽・花・結実]

昨日はしっかりと降りましたね。
ちょうど満開だったものは、ずいぶんと落ちてます。
2016-05-18 013-1.jpg
2016-05-18 001-1.jpg

GWに咲いた株では、受粉し受精できています。
小さな幼果がチラホラと。
これは、ブラックイタリアンです。
2016-05-18 012-1.jpg

受粉日和!      [オリーブの花芽・花・結実]

朝から雲ひとつない真っ青な空!
穏やかで適度な風、まさに受粉日和です。
マンザニロ、ブラックイタリアン、バロウニと咲き進んで、
続いて、ミッション、ジャンボカラマタ、チプレッシーノ、ネバディロブランコ、タジャスカ、バルネアが咲き始めました。
これはミッション、
2016-05-12 001-1.jpg

こちらはジャンボカラマタ、
2016-05-12 002-1.jpg

可憐な感じのもの、ゴツい感じのもの、花の様子も品種によって結構違うのですよ。

開花、そして雨・・・      [オリーブの花芽・花・結実]

開花の早いマンザニロをはじめいくつかの品種で咲き進んでいます。
5/4あたりからでしたが、バッドタイミングで雨が続いて・・・
濡れると受粉しにくくなりますし、花が落ちます。
2016-05-11 002-1.jpg

そして、今日はこれから10mの強風らしい・・・
2016-05-11 005-1.jpg

目覚めの落葉      [オリーブの葉や日常のいろいろ]

暖かくなりましたネ~
オリーブたちの花芽と新芽が賑やかになってきました。
そこで・・・葉がハラハラと落ちて枝が裸に。

バロウニ、
2016-04-09 001-1 バロウニ.jpg

カラマタ4、
2016-04-09 002-1 カラマタ4.jpg

別に調子が悪いわけではありません。
2014年11月に久しぶりの植え替えを行って、根を切って整えたこの2本。
2015年は動きの少ない小康状態を保っていましたが、この春で本格復活です。
春の目覚めにあわせて、
落とさずにいた古い葉をどんどん捨てて、生まれ変わってゆきます(大袈裟~)

葉の無い枝に元気な花芽。
バロウニ、
2016-04-09 007-1 バロウニ.jpg
2016-04-09 011-1 バロウニ.jpg

ちょっと遅れて、新しい葉芽も草のように成長しています。
カラマタ4、
2016-04-09 012-1 カラマタ4.jpg

バロウニ、
2016-04-09 013-1 バロウニ.jpg

土の温度が上がって、目を覚ましたコガネムシの幼虫が根を爆食して葉が落ちる・・・
なんて怖いこともありますが、うちはネットで完全ガードです。
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。